▲

注目のニュース国内・海外のデジタル教科書・教材関連のニュース・ 記事をご紹介いたします。

2018年07月02日

ICT教育 反応上々

国内
コンピューターを動かす手順を学び、論理的思考力を養うプログラミング教育が2020年から小学校で必修化されるのを前に、県独自の「きのくにICT(情報通信技術)教育」が6月から、小中学校と高校のモデル校6校で始まっている。来年度には全ての公立学校に拡大させる予定で、担当教諭の声や生徒の反応を参考に、教材開発や指導案の改良に取り組んでいる。
引用元 : YOMIURI ONLINE

総務省、統計データ検索サイト「キッズすたっと」開設…自由研究にも

国内
総務省は、小中学生向け統計データ検索サイト「キッズすたっと~探そう統計データ~」を開発し、2018年6月26日に公開した。小中学生が統計データを簡単に探せるよう、教科などに沿ってデータが整理されており、夏休みの自由研究の参考としても利用できそうだ。
引用元 : リセマム

教育や学びのあり方を考える「未来の学びフェス」、8月に開催

国内
河合塾と「未来のマナビフェス」実行委員会は 、中等教育・高等教育・企業の人材育成に関わる関係者などを対象とした「未来のマナビフェス ~2030年の学びをデザインする~」を8月9日・10日の2日間、東京の武蔵野大学有明キャンパスで開催する。
引用元 : ICT教育ニュース

経産省、未来の教室とEdTech研究会の第1次提言公表

国内
経済産業省の教育に関する有識者会議「未来の教室」とEdTech研究会は2018年6月25日、第1次提言を公表した。EdTechを用いた教育イノベーションの動向や課題などを24ページにわたってまとめている。
引用元 : リセマム

2018年06月25日

世界の教室から ニュージーランドの教育イノベーション(上)

海外
世界の教育先進国といえば、北欧のイメージが強い。しかし、これまで世界各国の教育を調査研究してきた武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部の上松恵理子准教授が注目しているのが、ニュージーランドだ。5月初旬に2回目となる同国の学校視察を終えた同准教授が、改革により大きく変化した現在のニュージーランド教育について3回に分けてリポートする。
引用元 : 教育新聞
 

ページトップへ戻る

COPYRIGHT 2011. Digital Textbook and Teaching all rights reserved.