▲

注目のニュース国内・海外のデジタル教科書・教材関連のニュース・ 記事をご紹介いたします。

2019年07月16日

AI型タブレット教材「Qubena」、島根県海士町の全小中学校が導入

企業 国内 学校
COMPASS(コンパス)は8日、同社のAI(人工知能)型タブレット教材「Qubena(キュビナ)」が、地方自治体として初めて、島根県隠岐郡海士(あま)町の全町立小中学校で正式採用された、と発表した。
引用元 : ICT教育ニュース

教育でも採用…印刷物でAR活用が広がり始めた理由

企業 国内

ポスターや新聞などの印刷物にCGなどを重ねる拡張現実(AR)が広がってきた。中小印刷会社に勤めるグラフィカルデザイナーがARコンテンツを提案できる制作環境が整ってきたためだ。小中学生の地域学習にも採用され、街の魅力をARで紹介する学校もある。創作ハードルが下がりビジネスとして成立するとクリエイターが増える。キラーコンテンツが現れる日は近いかもしれない。


引用元 : ニュースイッチ

2019年07月08日

恵学社、AI技術用いた「スピーキング能力評価ツール」の提供開始

企業 国内
恵学社は、アイード社のAI多次元音声評価技術「CHIVOX(チボックス)オープンクエスチョンカーネル」を用いたスピーキングスキル評価ツールを開発し、4日から提供を開始した。国内では初めてのリリースだという。

引用元 : ICT教育ニュース

アーテック、小中学生による国際ロボット競技会「URC2019」予選開始

企業 国内
URC実行委員会とアーテックが主催する国際ロボット競技会「URC(Universal Robotics Challenge)2019」の予選が6日から開始される。

引用元 : ICT教育ニュース

文科省支援事業「スマートエスイー」、ドコモgaccoで9月から2講座開講

企業 国内
文部科学省が支援するenPiT-Pro(エンピットプロ)に採択された社会人教育事業「スマートエスイー」は、新講座として、9月3日から「セキュリティ・プライバシ・法令」、「推論・知識処理・自然言語処理」の2講座を開講する。
引用元 : ICT教育ニュース
 

ページトップへ戻る

COPYRIGHT 2011. Digital Textbook and Teaching all rights reserved.