▲

注目のニュース国内・海外のデジタル教科書・教材関連のニュース・ 記事をご紹介いたします。

2016年07月26日

英語の勉強頑張って! 神崎中同窓会がデジタル教科書購入

国内
大分市本神崎の神崎中学校同窓会(豊岡光闡会長)は、開校70年を記念して英語のデジタル教科書を贈った。県内で導入している学校はほとんどなく、生徒は授業で活用し、学力の向上に役立てている。

引用元 : 大分合同新聞

2020年プログラミング必修化、未就学児の保護者の過半数は知らない

国内
2020年を目標に小学校でプログラミングが必修となることについて、未就学児の保護者の54.5%が知らないと回答していることが、デジタルアーツが7月22日に発表した調査結果より明らかになった。

引用元 : リセマム

40年のICT活用繋ぎ「つくばチャレンジングスタディ」の運用開始

国内 自治体
つくば市とつくば市教育委員会は15日、夢をつかもう3C(チャンス!チャレンジ!チェンジ!!)学校家庭学習支援システム「つくばチャレンジングスタディ」の運用開始式を、市立輝翔学園谷田部中学校で行った。
「つくばチャレンジングスタディ」の公開授業風景
「つくばチャレンジングスタディ」の公開授業風景
つくば市では2004年度から,学校や家庭からインターネットを使って 学習できる「つくばオンラインスタディ」を運用し,小中学生の学力向上 に効果を上げてきた。

引用元 : ICT教育ニュース

ICT教育の促進を応援 Apple TVで動作する ハイブリッド電子黒板アプリを無償提供開始

企業 国内
株式会社iThings研究所(本社:東京都江東区、代表取締役社長:松岡 秀紀、以下 iThings Lab)は、Apple社が提供する最新Apple TVで動作する新しいタイプのハイブリッド電子黒板アプリ「iThings teachers TV / iThings Remote」を開発し、2016年7月21日(木)より無償で提供を開始いたしました。

引用元 : @Press

私学アンケートの結果から「ICTは導入したけれど・・・宝のもち腐れ?」

国内
私学アンケートの結果から「ICTは導入したけれど・・・宝のもち腐れ?」
~千代田女学園の失敗とリスタート~
ICT教育ニュースでは、3月から4月にかけて東京、神奈川、千葉、埼玉にある私立の小中高等学校約830校を対象に、アンケート調査を行った。年度替わりの多忙な時期だったためか、回答率は5.7%と低調ではあったが50校近くから回答を得られた。ICT導入状況に関するある程度の傾向は把握出来たと判断して報告する。

引用元 : ICT教育ニュース
 

ページトップへ戻る

COPYRIGHT 2011. Digital Textbook and Teaching all rights reserved.