▲

注目のニュース国内・海外のデジタル教科書・教材関連のニュース・ 記事をご紹介いたします。

2016年05月30日

田舎町にネット高校が誕生!

国内 学校
鹿児島県長島町、群馬県南牧村、佐賀県武雄市の3市町村にて、民間企業が運営する通信制高校の教育システムを活用した教育拠点が順次開設されることが明らかになった。まず長島町で2016年7月に開設される。
引用元 : REGIONWIRE

東大、富士通など、授業中の発話とメモをリアルタイムでデジタル化する実証研究 を開始

企業 国内 学校
東京大学 大学発教育支援コンソーシアム推進機構(CoREF)、埼玉県教育委員会、河合塾、富士通は、対話型授業中の発話とメモをリアルタイムでデジタル化する実証研究を6月から開始すると発表した。今回の研究は、埼玉県内の公立高校と河合塾で、2016年6月から2017年3月まで実施。
引用元 : ICT教育ニュース

松田校長 前原小でプログラミング授業を自らスタートさせる

国内 学校
先週都内で開催されたプログラミングイベント「Scratch Day 2016 in Tokyo」の鼎談に登壇して、「校内で誰もプログラミング授業をやらないんだったら、自分がやってみせてでもスタートさせる」と豪語していた、小金井市立前原小学校の松田 孝校長が26日、本当に自分で授業をやるというので見学してきた。
引用元 : ICT教育ニュース

ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

国内
今、教育現場ではネットワーク環境や情報端末の整備など、情報化社会にふさわしい教育の実現に向け、ICTを利活用するための動きが着実に広がっている。そうしたなか、大手ITベンダーの文教市場向けビジネスへの取り組みを追うと、教育現場の現状や、ICTを活用した教育の未来像がみえてきた。本特集では、大手2社の文教市場向けビジネスから、ICTが導く教育の現在と未来を解説する。
引用元 : Bizline

桐原書店 ひと月83円で「英語を話す」が身につく教科書準拠デジタル教材を発売

企業 国内
検定教科書や学習参考書等の出版を手がける株式会社桐原書店(本社:東京都新宿区 代表:斉藤 智、以下 桐原書店)は、オンライン英語学習サイトを運営する株式会社イングリッシュセントラル(本社:東京都台東区 代表:松村 弘典、以下 イングリッシュセントラル)と提携し、検定教科書に準拠した4技能型(読む・書く・聞く・話す)デジタル教材を発売します。
引用元 : PRTIMES
 

ページトップへ戻る

COPYRIGHT 2011. Digital Textbook and Teaching all rights reserved.