▲

注目のニュース国内・海外のデジタル教科書・教材関連のニュース・ 記事をご紹介いたします。

2017年09月19日

教材プラットフォーム「Amazon Inspire」全教師に開放

企業 海外
米Amazonは8月、2016年に公開した学校教育現場向け教材プラットフォーム「Amazon Inspire」を更新した。これまで米国内の教師のみが利用できていたところ、Amazonアカウントを持つ者なら誰でも無料でテキスト、画像、動画などの授業教材を自由に共有できる。おもな利用対象は学校関係者や保護者。
引用元 : リセマム

進化する電子国家エストニアの礎をつくった男・イルベス元大統領

海外
「世界最先端のデジタル国家」として注目を集めるエストニア。連載第1回では、エストニアのデジタル化がどこまで進んでいるのか、その現状を紹介した。
引用元 : PLANET WAY on ASCII

2017年09月11日

e-ICON世界大会、慶應SFC高等部と韓国の合同チームが3位入賞

海外
第7回韓国e-ICON世界大会が8月17日~8月23日に韓国蔚山(ウルサン)科学技術大学で開催された。慶應義塾湘南藤沢高等部2年の西梓さんと宇佐美朋子さんの2名と韓国の生徒2名の合同チームが、3位入賞。また、神奈川大学附属高等学校の濱田芙実さんと陳宇熙さんがBest Cooperation Awardを受賞した。
引用元 : リセマム

所得格差による子どもの教育格差にインターネットの力を。 オランダで1000台のスマホが無料配布される

海外

スマートフォンやタブレットが、教育システムにどんどん活用されるようになってきました。いろいろな団体や学校がテクノロジーを使って、授業をよりインタラクティブに分かりやすくする工夫に取り組んでいます。それ以外にも宿題の提出や課題の管理など、マネージメントの部分でもコンピューターとインターネットは欠かせない存在になってきているようです。さらに大学や高校だけでなく、対象も低年齢化しつつあります。


引用元 : GIZMODE

2017年07月31日

フィンランドの教育改革・上「教師にも『ゆとり』」

海外
北欧のフィンランドは、国際学力調査の好成績で知られる「教育先進国」だ。2016年秋から17年にかけて小中学校の新カリキュラムが導入され、子どもたちが主体的に学ぶ授業や教科横断的な学習、コンピューターのプログラミング教育などに力を入れる。2020年度以降に新しい学習指導要領を実施する日本と重なる面は少なくない。就学前の1年間から大学院までの教育は無償で、いじめ抑止などの対策も進む。夏休みを目前にした首都ヘルシンキと近郊の小中学校や大学での取材を、3回にわたり報告する。

引用元 : YOMIURI ONLINE
 

ページトップへ戻る

COPYRIGHT 2011. Digital Textbook and Teaching all rights reserved.