▲

注目のニュース国内・海外のデジタル教科書・教材関連のニュース・ 記事をご紹介いたします。

2020年04月06日

遠隔授業で制限となる著作権、国立大が文化庁に対応要請

国内 学校
東京大学など国立7大学と国立情報学研究所は2020年3月31日、文化庁に対し、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けた 「授業目的公衆送信補償金制度」の早期施行について要請。オンライン遠隔授業の加速のため、迅速な対応を求めている。
引用元 : Resemom

内田洋行×東大、アクティブラーニングで共同研究開始

企業 国内 学校
内田洋行教育総合研究所は2020年4月1日より、東京大学高大接続研究開発センターとの共同研究で、これまで検討してきた学習のあり方や学習の場のコンセプトモデルを“Future Learning Sciences Room”と名付け、この研究開発プロジェクトを本格的に展開する。
引用元 : Resemom

DMM×東大VR研究室、「VR空間のインタフェース最適化」の共同研究

企業 国内 学校
DMMは4月1日、VR空間のインタフェースを最適化することを目的に、東京大学連携研究機構「バーチャルリアリティ教育研究センター」(VRセンター)と共同研究を開始した、と発表した。
引用元 : ICT教育ニュース

初めての子どものオンライン授業 保護者と教育者に求められるものは何か

国内 学校
コロナ感染防止のため長期休みとなった全国の小中高校。その間の学習の遅れを取り戻そうと、在宅の子どもに行われているのがオンライン授業だ。しかしオンライン授業では、教育者も慣れておらず、保護者のフルサポートも必要になる。子どもが初めてオンライン授業を受けるとき、保護者と教育者に何が求められるのか取材した。
引用元 : FNN PRIME

小中高生の88%が「コロナ休校中、オンライン学習が役立った」と回答 =ライフイズテック調べ=

企業 国内
ライフイズテックは30日、同社のプログラミング教材「テクノロジア魔法学校」の無料限定版利用者の小中高生(とその保護者)を対象に実施した、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う「臨時休校期間中のオンライン学習についてのアンケート調査」の結果をまとめ発表した。
引用元 : ICT教育ニュース
 
サイト内検索
カテゴリー
過去アーカイブ

ページトップへ戻る

COPYRIGHT 2011. Digital Textbook and Teaching all rights reserved.