▲

注目のニュース国内・海外のデジタル教科書・教材関連のニュース・ 記事をご紹介いたします。

2013年10月28日

国内教育機関向けICT市場を調査

国内
マーケティング&コンサルテーションの㈱富士キメラ総研(東京都中央区日本橋小伝馬町 社長 田中 一志 03-3664-5839)は,2013年6月から8月にかけて,教育機関(小学校,中学校,高等学校,大学)における教育および学校業務全般のICT化のための,ハードウエア,ソフトウエア,サービス,ソリューションの市場を調査した。その結果を報告書「エデュケーションマーケット 2013」にまとめた。

引用元 : 電子部品の総合情報サイト ELISNET

チエル、先生の教える仕事をICTで支援、タブレット対応教務支援システム『らくらく先生スイート』を展開

国内
チエル 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:川居 睦、資本金:3億円、以下チエル)は、小学校では2011年度、中学校では2012年度より全面実施されている新学習指導要領と2011年4月文部科学省から公表された「教育の情報化ビジョン~21世紀にふさわしい学びと学校の創造を目指して~」を踏まえ、「基礎・基本の習得」、さらに習熟に注力し、先生の教える仕事(教務)をICTで支援する、タブレット対応教務支援システム『らくらく先生スイート』の展開を2014年3月から開始することを発表いたします。

引用元 : 共同通信 PRワイヤー

新型iPad発表、タブレット端末で教育現場にも急激な変化

国内
アメリカのアップル社が、1年ぶりに新型のiPadを発表しました。持ち運びがしやすいタブレット端末と呼ばれるものですが、タブレット市場は、今、各メーカーが力を入れていて、パソコンをしのぐ勢いです。その勢いは、教育の現場にも急激な変化をもたらしています。

デジタル教科書もありではないでしょうか。(その2) - 竹内 裕人

国内
前回の投稿で、「実証データは無くても、とりあえずやってみる」とは書いたものの、もちろん、海外のデータがあるなら中村伊知哉さんにいろいろお出しいただきたいです。
その点は出てくることを祈りつつ、自分なりに『こういう教育形態で着地点を見い出せないかな』と、自分なりにまとめてみました。

引用元 : BLOGOS

デジタルで学ぼう:開発進む電子の「教科書」 タブレット向け、大手12社共同で

国内
教科書を電子化した「デジタル教科書」。正規の教科書ではないが、公立学校へのタブレット端末導入を決める自治体が出始めていることもあり、普及を見込んだ教科書各社の開発が本格化している。子供たちが使いやすく、役に立つ教科書になるのか。 

 

ページトップへ戻る

COPYRIGHT 2011. Digital Textbook and Teaching all rights reserved.