▲

注目のニュース国内・海外のデジタル教科書・教材関連のニュース・ 記事をご紹介いたします。

2019年06月17日

高校でデータ分析の学習を充実 政府、AI戦略で素案

国内 学校
政府の統合イノベーション戦略推進会議は6月11日、第5回会合を開き、「AI戦略2019」の素案を取りまとめた。AI(人工知能)やロボットの到来により、情報教育や数理、データサイエンス、AIに関する教育が「読み・書き・そろばん」と同様に重要になるとし、初等中等教育から高等教育までを一貫して、全ての国民がAIリテラシーを修得できるようにすることを掲げた。
引用元 : 教育新聞

最新のプログラミング教材 特集(2020年度より小学校で必修化)

企業 国内
全国の学校・教育委員会、塾から37,000人が、どのような教材を使用するのか、教員にはどのような研修が必要か、IT環境の整備はどうするのか、など多くの学校で上がっている課題解決の為に来場いたします。本展は、最新のプログラミング教材が一堂に出展。その場で模擬授業、デモ体験も可能です!
引用元 : PRTIMES

【NEE2019】日本はAI時代に向けた教育改革のフロントランナー…鈴木寛氏

企業 国内
「NEW EDUCATION EXPO 2019」の東京会場の最終日となった2019年6月8日、前文部科学大臣補佐官で、現在、東京大学と慶應義塾大学の教授である鈴木寛氏が「わが国におけるAI世代の教育を考える~高大接続改革、教育改革を踏まえ~」と題した基調講演を行った。
引用元 : Resemom

【NEE2019】文科省・総務省・経産省が語る「教育ICTの最新動向」

企業 国内
教育関係者向けセミナー&展示会「NEW EDUCATION EXPO 2019(NEE2019)」では、「教育の情報化の最新動向」と題して、文部科学省と総務省、経済産業省の各省の施策が紹介された。
引用元 : Resemom

2019年06月10日

人とロボットが一緒になってデザインを評価する狙いは?

企業 国内
竹中製作所は関西大学と共同で、複数ロボットや、人とロボットが集団で協働して、デザインなどを評価・創作するシステムの開発に着手した。関西大が持つ感情表出モデルや進化計算などと、竹中製作所が販売しているダンスロボットを組み合わせて、言語ではなく動作と画像認識によるインタラクション(相互作用)で合意形成する。2025年の商品化を目指す。




引用元 : ニュースイッチ
 

ページトップへ戻る

COPYRIGHT 2011. Digital Textbook and Teaching all rights reserved.