▲

注目のニュース国内・海外のデジタル教科書・教材関連のニュース・ 記事をご紹介いたします。

2010年10月01日

『デジタル教科書革命』(中村伊知哉・石戸奈々子著)出版-電子化される教科書、その意義とは?

国内

ソフトバンク クリエイティブは、デジタル教科書が切り拓く未来について解説した『デジタル教科書革命』(中村伊知哉・石戸奈々子 著)を発売した。電子書籍端末で提供されるデジタル教科書・教材は、次世代の教育をどう変えるのか? 本書では、読み・書き・論理的思考だけでなく、ICT教育で期待される表現力や想像力、コミュニケーション力の養成について、日本および世界の最先端事例を紹介する。教科書がデジタル化されることの意義をわかりやすく解説している。


引用元 : マイナビニュース

保育業界初、総合保育支援システム『キッズビュー』タッチオプションを開始

国内

株式会社日本標準(所在地:東京都杉並区、代表取締役社長:山田 雅彦)と、日本ソフト開発株式会社(所在地:滋賀県米原市、代表取締役社長:藤田 義嗣)は、iPadを用いることにより、忙しい保育時間中にも先生方が子どもを観察しながらでも、指でタッチするだけで容易に保育の記録などができる仕組みを開発した。パソコンはちょっと苦手と言う先生方にも、画面を指タッチするだけなので、簡単に楽しく操作ができ、朝の出席簿登録から発達チェック・延長保育・保育記録まで、日々の子どもの記録を簡単に、画面にタッチするだけで記録することができる。


引用元 : アットプレス

韓国のPC・ネットリテラシー

国内

韓国は、90年代終わり頃からブロードバンド普及率が世界一位だ。学校教育のICT化を推進できる背景には、こうした早い時期からのブロードバンドの普及や、子どものうちから日常的にPCを使いこなしているという生徒側の受け入れ環境の整備があったからであろう。


引用元 : PC online

情報リテラシー教育への取り組み-筑波大学附属駒場中・高等学校 技術科

国内

学校で情報リテラシー教育を担当しているのは、技術・家庭科の先生たち。その先生たちは、子供の情報教育にどう取り組み、どんなことを考えているのか。Imagine Cupでソフトウェアデザイン部門日本代表となった筑波大学附属駒場中・高等学校 技術科の市川道和先生をインタビュー。


引用元 : Itmedia

デジタル教材の普及拡大が見込まれる-丸三証券

国内

丸三証券は9月24日に発表した「部店長会議」用資料の中で、電子黒板やデジタル教科書などのデジタル教材は、画像を動かすことや画像に書き込むこと、生徒の書いたものを即座に電子黒板に反映させること等ができ、生徒と教師がお互いにリアルタイムでやり取りをする授業の実現を可能にすると解説した。


引用元 : 日本証券新聞社
 

ページトップへ戻る

COPYRIGHT 2011. Digital Textbook and Teaching all rights reserved.