▲

注目のニュース国内・海外のデジタル教科書・教材関連のニュース・ 記事をご紹介いたします。

2016年08月01日

ICTとアクティブ・ラーニング導入に意欲…淑徳

国内 学校
この10年間で、東京大学をはじめとする難関大学への合格者数を300人あまり伸ばした進学校、淑徳中学校・高等学校(東京都板橋区)。その実績に安住することなく、2020年大学入試に向けた授業改革を意欲的に進めている。
引用元 : 読売新聞

導入の参考に…文科省「ICT教材を活用した学習支援」事例集

国内
 文部科学省は、「ICT教材を活用した学習支援の充実方策に関する調査研究」における事例集をまとめた。放課後等の学習支援活動でICTを活用している教育委員会や支援団体の取組みをまとめたもので、今後ICT導入を検討している地域の参考にしてもらいたい考え。
引用元 : リセマム

プログラミングは新しい「学び」の象徴、年間指導計画を公開…小金井前原小学 校・松田校長

国内 学校
iTeachers TVは7月27日、東京都小金井市立前原小学校校長の松田孝氏による第59回「ぼくが、プログラミング教育に命をかける本当の理由」後編を公開した。校長自らが率先垂範し、子どもたちを巻き込んだプログラミング授業で新しい学びを実現する方法を伝授する。
引用元 : リセマム

オーストラリア大使館が中学社会科対応のデジタル教材を作成

国内
オーストラリア大使館は25日、豪日交流基金の助成により中学校社会科地理的分野「世界の諸地域」に対応したデジタル教材「Virtual Tourオーストラリアでホームステイしよう!」を作成したと発表した。デジタル教材「Virtual Tourオーストラリアでホームステイしよう!」はユーザがオーストラリアに’バーチャル’ホームステイをしながらオーストラリアについて学べる設定。6人のオーストラリア人キャラクターがオーストラリアの様々な側面を紹介してくれる。
引用元 : ICT教育ニュース

佐賀県に学ぶ。自治体が失敗しない教育現場へのICT導入

国内 自治体
佐賀県に学ぶ。自治体が失敗しない教育現場へのICT導入 ~佐賀県在住教育ICTコンサルタント 田中康平氏に訊く~ 佐賀は昔から「先進の気風」で知られたところ。 薩摩や韮山で有名な反射炉、最初に導入したのは佐賀藩(1850年)だった。日本で初めて鉄製大砲を鋳造した反射炉も、蒸気機関や写真、ガラスなどの研究を行った研究所も佐賀にあった。幕末の佐賀藩は、日本の産業革命の拠点、近代化のトップランナーだった。
引用元 : ICT教育ニュース
 

ページトップへ戻る

COPYRIGHT 2011. Digital Textbook and Teaching all rights reserved.