▲

注目のニュース国内・海外のデジタル教科書・教材関連のニュース・ 記事をご紹介いたします。

2017年10月02日

明星小学校に英語学習用AIロボット「Musio」を初導入。

国内 学校
明星学苑(東京都府中市)は2017年から、全国で初めて英語学習用AIロボット「Musio(ミュージオ)」を授業に本格導入した。今年9月からは、新たに明星小学校と明星幼稚園にも「Musio」が仲間入り。同学苑では、英会話力を向上させると同時に、AIやICTをツールとして使いこなせる力を身につけるため、授業以外でもAI(人工知能)ロボットと共生する環境を整えるなど、先駆的な取り組みを展開している。このたび、その様子を特集したドキュメンタリー番組の放送が決定。人や社会を便利に進化させるさまざまな「未来技術」を紹介する「ミライダネ」(テレビ東京系列)で10月7日に放送される。
引用元 : 大学プレスセンター

玉川大、シンポジウム〜未来の社会〜シンギュラリティは来る?来ない?

国内 学校
玉川大学は24日、今年4月に「工学部情報通信工学科」が発足したのを記念して、「工学部情報通信工学科キックオフ・シンポジウム~未来の社会~」を開催した。
引用元 : ICT教育ニュース

教育イノベーションを大きく飛躍させる「EdTech」がもたらすもの

国内
●テクノロジーが変える教育産業
教育のICT化が急がれている。授業でのタブレット端末・PC活用、プログラミング教育、リモートによる授業など、民間・自治体・政府などが強力に取り組みを推進。そうしたなか、「EdTech」(エドテック)というワードが注目され始めている。
引用元 : マイナビニュース

東北大・東京書籍・ACCESS・日本MS「デジタル教科書」実証研究で連携

国内
東北大学と東京書籍、ACCESS、日本マイクロソフトの4者は10月より「小・中学校におけるデジタル教科書 学習履歴データ収集と分析」をテーマとする実証研究を東京都荒川区立第三峡田小学校と荒川区立第三中学校で実施する。成果は2018年4月を目途に発表予定。
引用元 : リセマム

変わる小中一貫、「義務教育学校」九州に10校

国内 学校

小中一貫教育を行う「義務教育学校」が各地で開校している。6歳から15歳の子どもたちが同じ環境で学び、教育課程も柔軟に組めるのが特徴だ。小中一貫教育を行う小中学校が増えたことを背景に、小学校6年、中学校3年という「6・3制」にこだわらない形態の新たな学校としてスタートして2年目。変わりつつある義務教育の今を探った。


引用元 : YOMIURI ONLINE
 

ページトップへ戻る

COPYRIGHT 2011. Digital Textbook and Teaching all rights reserved.