▲

注目のニュース国内・海外のデジタル教科書・教材関連のニュース・ 記事をご紹介いたします。

2014年01月20日

CANVASが子ども向けプログラミング学習を始動、Googleが後援

国内
CANVASは、「コンピューターに親しもう」プログラム(仮称)を始動。2月8日にキックオフイベントを開催する。「コンピューターに親しもう」プログラムは、より多くの子どもたちに、プログラミング学習の機会を提供していくことを目的に、Google をはじめとするさまざまな企業・教育関係者等の支援により展開するもの。

引用元 : リセマム

最南端の町で先端のICT教育を―沖縄県・竹富町教育委員会教育長 慶田盛安三

国内
本町は国の特別天然記念物「イリオモテヤマネコ」が生息する西表島をはじめとして9つの有人島に13の小中学校が点在する日本最南端の町です。全ての学校が学年1クラスの極小規模校であり、町内に高等学校が設置されていないため、15歳の春には島を離れ、独り立ちし、自立した生活を送らなければなりません。

引用元 : 教育家庭新聞

2014年01月14日

通信教育教材、相次ぎタブレット化 端末による学習で効率向上か (1/4ページ)

国内
通信機能のあるタブレット型端末を使った通信教育教材が相次いで登場している。紙と鉛筆と消しゴムで勉強した世代には違和感があるが、国も情報化時代に対応するため、学習環境のデジタル化を進めている。上手に使いこなすことで学習効率が上がるかもしれない。
引用元 : SankeiBiz

授業研究、日本のお家芸 教師の学び合い、世界に広がる

国内
教師同士が学び合う「授業研究」は、日本の学校教育が世界に誇れるものの一つだろう。その手法は世界各地に広がり、レベルアップを目指して教師らの連携も進む。ただ日本では、そんな強みを外に発信する動きは鈍い。
引用元 : 朝日新聞DIGITAL

“普段の授業”がICTで変わる

国内
2014年は、教育現場でのICT(情報通信技術)の存在感が今まで以上に増しそうだ。春から全県立高校の新入生にパソコンを導入する佐賀県をはじめ、複数の自治体で1人1台の学習端末の整備が進む。
引用元 : ITPro
 

ページトップへ戻る

COPYRIGHT 2011. Digital Textbook and Teaching all rights reserved.