▲

注目のニュース国内・海外のデジタル教科書・教材関連のニュース・ 記事をご紹介いたします。

2010年09月18日

「教育クラウド」の実現へ踏み出す 総務省「フューチャースクール推進事業」実証研究が始まる

国内

総務省が今年度に実施する「フューチャースクール推進事業」実証研究(「東日本地域におけるICTを利活用した協働教育の推進に関する調査研究」および「西日本地域におけるICTを利活用した協働教育の推進に関する調査研究」)の請負先2社と実証校10校が決定した。


引用元 : 日経ビジネスONLINE

学習塾大手の日能研、バックアップ・セキュリティ体制強化

国内

日能研は2010年7月、塾内にある1500台の教員向けPC端末を対象に、情報セキュリティ対策ツールを導入した。併せてファイルサーバーのバックアップシステムや、物理環境と仮想環境で運用しているシステム認証用サーバーの環境を丸ごとバックアップするイメージバックアップシステムも導入。


引用元 : IT Leaders

読みやすさと理解は相反?:電子書籍への提言

国内

書籍の未来はデジタルにあることを、筆者は確信している。一部の本は残るだろうが、多くは、遠からずFMラジオのような存在になるだろう。


引用元 : WIRED

ワコム、教育機関向けペンタブレットに新モデル……実践的な授業を実現

国内

ワコムは、教育機関向けペンタブレット「Bamboo School(バンブースクール)」の新モデル「CTL-460/K2」を、14日に発売した。入力エリアはA6ワイドサイズ、色はブラックのみで、市場想定価格は9,800円。


引用元 : RBBTODAY

タブレット端末が目指す、デジタル教科書戦略

国内

さて、タブレット型端末が増えていきそうな中、こうした端末を電子書籍に、さらにはデジタル教科書に活用していこうという取り組みが世界に広まろうとしている。わが国でも以前から教育分野への情報通信技術の活用が謳われ、様々な取り組みや議論が行われてきたが、その中の一つのあり方として、「デジタル教科書をすべての小中学校へ配備する」という方向で動き始めている。すなわち、タブレット端末などが学校に配備され、教材・教科書などとして活用されていくということになろう。モバイル端末の多様化が進められていく中で、とくにタブレット端末が増え始めているのは、こうした政策をにらんでの動きなのかもしれない。


 

ページトップへ戻る

COPYRIGHT 2011. Digital Textbook and Teaching all rights reserved.