お知らせDiTTの新会員情報や新しい先導先生、注目のニュースなどをご紹介します。

2018年06月21日

会員入会のお知らせ:インヴェンティット株式会社

重要なお知らせ


インヴェンティット株式会社 (https://www.yourinventit.com/)が、一般会員として入会されました。

会員一覧はこちらよりご覧下さい。
http://ditt.jp/ditt/member.html

2018年04月24日

超教育協会 設立シンポジウム開催のお知らせ

シンポジウム
重要なお知らせ


超教育協会 設立シンポジウム開催のお知らせ

 

超教育協会は、IT人材育成策やAI・ビッグデータ・ブロック
チェーン等先端技術の教育への導入策など、ITはじめ
テクノロジーと教育に関する研究、啓発、政策提言などを進め、
未就学児からシニアまで、すべての学習者を主体とした新たな
学びをデザインすることを目的として設立されます。
デジタル教科書教材協議会DiTTも趣旨に賛同し、幹事として
参画します。

超教育協会・設立シンポジウム プレスリリース資料(pdf)

 

-----------------------------------------------

 

■日時:2018年5月29日(火)
   シンポジウム:16時〜17時半 参加費無料
   懇親会:17時半より 参加費:3,000円

 

■会場:慶應義塾大学三田キャンパス 北館ホール
   https://www.keio.ac.jp/ja/maps/mita.html

 

■登壇予定 *敬称略
・野田聖子  総務大臣
・小宮山宏  (株)三菱総合研究所理事長、東京大学第28代総長
・住田孝之  内閣府知的財産戦略推進事務局長
・八山幸司  内閣官房IT総合戦略室参事官
・柳沢幸雄  開成中学校・⾼等学校校⻑、東京⼤学名誉教授、
       元ハーバード⼤学⼤学院教授
・中村伊知哉 慶應義塾大学教授、DiTT専務理事
・石戸奈々子 NPO法人CANVAS理事長
他調整中

 

■参加申込:https://pro.form-mailer.jp/fms/5101f928144003

 

■詳細ページ:https://www.facebook.com/events/1745677258831284/

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

<本件に関するお問い合わせ先>
超教育協会事務局  Email:info@lot.or.jp
TEL:03-5114-6722

 

2018年04月04日

DiTT提言2018

活動報告
重要なお知らせ

 

学校教育法・著作権法改正案+超党派議連法案が動き、新たな展望が見えてきた今、DiTTとしても新活動方針が定まり、次のステージに進む段階ととらえ、「DiTT提言 2018」を発表いたします。

  ファイルはこちらから http://ditt.jp/office/DiTT_teigen2018.pdf


DiTT提言2018


2018年4月4日
デジタル教科書教材協議会

1 教育情報化関連法の施行

 教育情報化「後進国」の状況を早急に脱すべきである。

 その前提となる、政府提出の学校教育法等改正法案・著作権法改正法案及び超党派議員連盟による学校教育情報化推進法案は、デジタル教科書の制度化、教材制作利用の円滑化、教育情報化環境の整備に不可欠の措置であり、早期の成立と円滑な施行を求める。

 

2 未来型教育の開拓

 教育情報化「先進国」として世界をリードできるよう取り組むべきである。

AI、IoT、ビッグデータ、VR/AR、ブロックチェーン等先端技術の教育への導入を推進しつつ、未就学児から社会人までの学校の枠を超えた未来の学習環境をデザインし、実証実験・実装や制度整備を行うべきである。

 

3 官民連携体制の整備

 教育情報化の推進、未来型教育の開拓等を進めるため、民間の総力を発揮する体制を整えるべきである。経済団体、IT・コンテンツ業界団体はじめ関連団体の教育・人材育成策を集結するとともに、政府・自治体と協力・連携する仕組みを設けるべきである。


以上

 

2018年02月26日

DiTT成果報告: 学校教育法等改正案を閣議決定

注目のニュース
重要なお知らせ

2018年2月23日、学校教育法等改正案が閣議決定しました。
DiTTが2012提言以来唱え続けたもので、6年ごしでようやく形となりました。
これを受けてDiTTアピールを下記の通り、発表致します。

=================

学校教育法等の一部を改正する法律案に関するアピール

2018年2月23日
デジタル教科書教材協議会



  政府は2月23日、「デジタル教科書」を正式な教科書と位置づける学校教育法等改正案を閣議決定し、国会提出の運びとなりました。
http://www.mext.go.jp/b_menu/houan/an/
detail/__icsFiles/afieldfile/
2018/02/23/1401720_001.pdf


  デジタル教科書教材協議会DiTTが2012年に政策提言して以来、アピールを続けてきた内容がようやく結実したものです。
http://ditt.jp/office/teigenpaper_0316.pdf

  併せて、教育の情報化に対応した著作権法の整備もなされることになりました。
http://www.mext.go.jp/b_menu/houan/an/
detail/__icsFiles/afieldfile/
2018/02/23/1401718_001.pdf



ここに下記3点をアピールします。
1 「デジタル教科書」を正式な教科書と位置づけるなど教育情報化を推進する学校教育法及び著作権法の改正案の閣議決定・国会提出を評価し、歓迎致します。

2 法案の早期成立と円滑な施行を求めます。

3 並行して超党派の国会議員からなる「教育における情報通信の利活用促進をめざす議員連盟」が策定している「学校教育情報化推進法案」は、教育情報化全般を後押しするものであり、その国会提出・成立を求めます。

2017年12月21日

冬期休業のお知らせ

重要なお知らせ


DiTT事務局は、2017年12月27日(水)〜2018年1月8日(月)を
冬期休業とさせて頂きます。
皆さまにはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承の程宜しく
お願い申し上げます。

ページトップへ戻る

COPYRIGHT 2011. Digital Textbook and Teaching all rights reserved.