お知らせDiTTの新会員情報や新しい先導先生、注目のニュースなどをご紹介します。

2011年10月29日

更新情報:注目のニュース

注目のニュース

こちらよりご覧下さい。

http://ditt.jp/topics/

更新内容は、下記の通りです。

・ パイオニア、指導者用デジタル教科書と連携する電子黒板
・【韓国教育IT事情】韓国の教育ママが注目する子ども向けICT
・乳幼児へのTVの影響について米国小児科学会が発表
・フューチャースクールの今後の展望
・ 埼玉県とIT教育プログラムの連携…高校生の開発アプリが地域に貢献

2011年10月26日

会員入会のお知らせ

重要なお知らせ
株式会社日本総合研究所

上記1社が幹事会員として入会しました。

2011年10月26日現在、会員総数は128社です。
会員一覧はこちらよりご覧下さい。
http://ditt.jp/about/member.html

2011年10月24日

更新情報:注目のニュース

注目のニュース

こちらよりご覧下さい。

http://ditt.jp/topics/

更新内容は、下記の通りです。

・ 埼玉県「県立高校学力向上基盤形成事業」における公開研究授業(11月12月分)
・幼稚園が情報教育としてiPad2を活用(動画付)
・「子どもは勉強にまあやる気があると思う」6割、ライバルと目標がカギ?
・フューチャーアーキテクト、 教育機関向け生徒・保護者の声活用ソリューションを開発

2011年10月21日

情報通信政策フォーラム主催「デジタル教科書をめぐる三つの論点」のご案内

重要なお知らせ

特定非営利活動法人情報通信政策フォーラム(ICPF)主催
特定非営利活動法人マニフェスト評価機構(IME)協賛予定
デジタル教科書教材協議会(DiTT)協賛

文部科学省は教育の情報化ビジョンを掲げ、学びのイノベーションなどの実証実験を進めていますが、諸外国に比して遅れているとの厳しい指摘もあります。このシンポジウムでは教育の情報化、特に教科書・教材のデジタル化を進める上での課題を、コンテンツ、デバイス、ネットワークの三要素に注目して討論します。

日時:11月16日(水曜日)
場所:アルカディア市ヶ谷(私学会館)
参加費(会場費):3000円(ただしICPF、IME、DiTT会員は無料)
プログラム:
18時30分 開会・論点の提起(各10分)
1. コンテンツ(クリエイティブコモンズの可能性)
林千晶(ロフトワーク)
2. デバイス(市場競争か政府からの支給か)
松原聡(東洋大学)
3. ネットワーク(家庭での利用のために)
山田肇(東洋大学)
19時00分 総合討論
司会:山田肇(ICPF理事長)
 討論者:
            鈴木寛(民主党参議院議員)
            中村伊知哉(慶應義塾大学教授)
            林千晶(ロフトワーク)
            松原聡(東洋大学) ほか
20時20分 総括      鈴木寛(民主党参議院議員)

*参加申込:http://www.icpf.jp/index.html よりお申し込みください。

2011年10月15日

更新情報:注目のニュース

注目のニュース

こちらよりご覧下さい。

http://ditt.jp/topics/

更新内容は、下記の通りです。

・【東京開催】タブレット端末を講義にどう使う?
  “佐々木教授の模擬講義~英語の7不思議~”
・ ホネが飛び出す!ひみつがわかる!
  「このホネなあに?3D動物ふしぎ図鑑」 (2011年10月10日)
・ NTT西日本、小中学校向けに「校務クラウド」を販売
・【デジタル教科書】小学校向指導者用 全国で導入開始<本社調査>
・「ICTプロジェクト高校生熟議 in 大阪 第3回」の参加校を募集

ページトップへ戻る

COPYRIGHT 2011. Digital Textbook and Teaching all rights reserved.