お知らせDiTTの新会員情報や新しい先導先生、注目のニュースなどをご紹介します。

2016年01月25日

更新情報:注目のニュース

注目のニュース


こちらよりご覧下さい。
http://ditt.jp/topics/

更新内容は、下記の通りです。

・DiTT/「教育のグランドデザイン2045~成果発表会」を2月東京で開催
・21世紀に活躍できる子どもを育てる4つのカギとは?
・プログラミング教育急げ
・アクティブ・ラーニング 小中連携で追究
・総務省/隠岐での遠隔授業の取組など「地域情報化大賞2015」表彰

2016年01月19日

DiTTシンポジウム「教育のグランドデザイン2045~成果発表会」ご案内

シンポジウム
重要なお知らせ


文部科学省「『デジタル教科書』の位置づけに関する検討会議」の堀田龍也座長に基調講演いただき、その後パネルディスカッションにて関係者と議論したいと思います。
また、デジタル教科書正規化、1人1台端末、無線LAN整備、クラウド教育、ソーシャルメディア利用、ビッグデータ活用を総合推進する法律の策定を実現させるべく、DiTTが考える「教育情報化推進法」を発表する予定です。

皆さまのご参加お待ちしております。

■日時:2月22日(月)13:30~15:00(13:10より受付開始)

■会場:山王健保会館 2F会議室
     東京都港区赤坂2-5-6F
      http://www.its-kenpo.or.jp/fuzoku/kaigi/sannou.html/

■パネルディスカッション(予定):*敬称略
<基調講演>
堀田龍也  東北大学大学院情報科学研究科教授
<パネルディスカッション>
新井健一   株式会社ベネッセホールディングス ベネッセ教育総合研究所 理事長
片岡靖    DiTT参与、日本教育情報化振興会
黒川弘一   光村図書出版株式会社 専務取締役 ICT事業本部長
堀田龍也   東北大学大学院情報科学研究科教授
中村伊知哉   DiTT専務理事、慶應義塾大学メディアデザイン研究科教授
石戸奈々子   DiTT事務局長、NPO法人CANVAS理事長

■参加費:無料

■参加申込について

定員に達しましたので、参加申し込みを締め切らせて頂きます。
たくさんのお申し込みを頂きありがとうございました!

2016年01月18日

更新情報:注目のニュース

注目のニュース


こちらよりご覧下さい。
http://ditt.jp/topics/

更新内容は、下記の通りです。
・ICT教育の導入で学力が大幅アップ…広尾学園
・桜丘中学・高等学校の「ICTオープンスクール」に学ぶ、授業でのタブレット活用とは?
・【年間キャンペーン つながるネット社会】(5)ICT活用教育
・コクヨ/「Clear」とタイアップ、キャンパスノートの使い方キャンペーン
・「デジタル・インディア」とは何か? インドが目指すIT国家像に迫る
・教員定数を考える/上 ビデオ授業で学校力補え 「教育改革実践家」藤原和博さんに聞く

【オンライン版】2045年 未来の学びを考えるアイデアソン~開催のご案内

シンポジウム
重要なお知らせ

「2045年 未来の学びを考えるアイデアソン」の関連イベントとして、オンライン版アイデアソンイベントを開催します。最先端の技術を使った大規模なオンラインでのアイデアソンイベントは世界でも類稀な試みとなります。
どなたでもご家庭のPCからご参加できますので、お気軽にお申込みください!
*このオンラインアイデアソンイベントは株式会社ドコモgaccoが運営する「オンラインワークショップシステム gaccatz http://gacco.org/gaccatz/index.html」を利用して行います。

■概要:
2045年のデジタルを使った未来の学び方、学びの場、学びの道具を大人とこどもが一緒になって考える、オンライン版アイデアソンイベントを開催します。
このイベントは、どなたでもご家庭のPCからご参加いただけますのでお気軽にお申込みください。

■日時:2016年 2月13日(土) 14:00 – 17:00

■対象:どなたでもご参加いただけます

■参加条件:
本プログラムでは、オンラインで議論をする上でパソコン操作が必須となります。
あてはまらない方は参加が困難と思われます。予めご了承ください。
①簡単なパソコン操作(テキストを入力する、インターネット検索など)ができる方
②Skypeやハングアウトなど、オンラインで会話をしたことがある方)

■参加費:無料
  定員:75名

■ご用意いただくもの:パソコン、インターネット環境 (※詳細は http://gacco.org/gaccatz/canvas201602.htmlをご確認ください)、マイク付きヘッドセット

■参加方法:
① http://gacco.org/index.htmlよりgacco会員登録をお願いします
※ gacco はNTTドコモとドコモgaccoが共同で推進するオンライン学習サービスです
②2月3日(水)までにhttp://gacco.org/gaccatz/canvas201602.htmlより、動作環境チェックのうえ、参加申込をお願いします
※ 参加申込時に発行したgaccoユーザー名が必要になります
③2月5日頃より、gaccatz システムへのログインが可能になります。
必ず事前にシステムへおつなぎ頂き、ご登録が正常に完了しているかを当日参加される前にご確認ください。
④当日、開始時間15分前までに
http://gacco.org/gaccatz/canvas201602.htmlよりログインをお願いします
※ 原則として時間厳守。指定時間内にログインできなかった場合、閲覧のみの受講となります。

■ オンラインワークショップシステム gaccatz:
「gaccatz(ガッカツ)」は、数百人の参加者が自宅、もしくは離れた拠点から インターネットでつながり、講師から一斉配信されるリアルタイム講義や少人数のグループに分かれてのグループワークなどの課題に取り組むことが出来る大規模なオンライングループワークシステムです。 講義のリアルタイム配信、全員参加のクイズ、3~4人に別れてのグループワーク、3~5グループずつでの成果発表、優秀グループの成果共有等、これまで対面でしか実施できなかったワークショップスタイルの学びをオンラインでご体験いただけます。

■主催: デジタル教科書教材協議会

■企画運営: N P O 法人C A N V A S

■協力:株式会社ドコモgacco

2016年01月12日

更新情報:注目のニュース

注目のニュース


こちらよりご覧下さい。
http://ditt.jp/topics/

更新内容は、下記の通りです。
・【第9回】タブレット型端末とこれからの学習環境<東北学院大学 稲垣忠准教授>
・2015年度版デジタル教材を無料でお試し、光文書院が期間限定公開
・文科省/「デジタル教科書」の位置付けに関する検討会議の配布資料公開
・教育現場のICT活用が直面する新たな課題
・富士通×香川大、特別支援教育でICT「ともに学ぶプロジェクト」開始
・麻布高校×ライフイズテック、特別授業の一部でプログラミングに挑戦

ページトップへ戻る

COPYRIGHT 2011. Digital Textbook and Teaching all rights reserved.