お知らせDiTTの新会員情報や新しい先導先生、注目のニュースなどをご紹介します。

2017年02月24日

DiTTシンポジウム 「みんなで考えよう!情報リテラシー教育」のご案内

シンポジウム
重要なお知らせ


デジタル教科書教材協議会(略称DiTT)は、さまざまな関係組織と連携して、 教育情報化とリテラシー教育強化を進めていきます。

その初動とすべく、関係者にお集まりいただき、教育情報化と情報リテラシー教育の接点をテーマとするラウンドテーブル形式のシンポジウムを開催します。
皆さまの取り組み、課題や対応などについて、ディスカッションする予定です。

ご参加お待ちしております。

==================================================

DiTTシンポジウム
「みんなで考えよう!情報リテラシー教育」
■日時:3月24日(金)10時~11時半
■会場:赤坂シュビア
    東京都港区赤坂2-14-5 Daiwa赤坂ビル1F
    http://www.subir.co.jp/access

■登壇予定者

・相川真太郎  グリー株式会社 執行役員
・石原友信   ソフトバンク株式会社 CSR事業開発室 担当課長
・磯野奈緒美  ヤフー株式会社コーポレート統括本部公共サービス事業本部
・宇津木麻也子 e-ネットキャラバン専任講師
・尾花紀子   一般社団法人安心ネットづくり促進協議会 普及啓発広報委員会 副委員長
         (ネット教育アナリスト)
・川村一郎   一般財団法人マルチメディア振興センター プロジェクト企画部長
・佐和伸明   一般社団法人モバイルコンテンツ審査・運用監視機構
         啓発・教育プログラム部会 部会長
         (柏市教育委員会 学校教育課 統括リーダー)
・杉村晴美   ニフティ株式会社ブランドデザイン部
・竹岡哲朗   一般社団法人全国携帯電話販売代理店協会 会長
・原田光輝   株式会社ディー・エヌ・エー 渉外部 シニアマネジャー
・松原卓    一般社団法人インターネットコンテンツ審査監視機構 理事
・村井宗明   LINE株式会社、元文部科学大臣政務官
・矢橋康雄   一般社団法人電気通信事業者協会 業務部長
・湯本博信   総務省 総合通信基盤局電気通信事業部消費者行政第二課長
・中村伊知哉  DiTT専務理事、慶應義塾大学メディアデザイン研究科教授
・石戸奈々子  DiTT事務局長、NPO法人CANVAS理事長
*敬称略

■参加費:無料

■参加申込:https://goo.gl/jOQOeM

==================================================

2017年02月20日

更新情報:注目のニュース

注目のニュース

こちらよりご覧下さい。
http://ditt.jp/topics/

更新内容は、下記の通りです。

・プログラミングで教科を学ぶ、相模原市の挑戦はじまる
・ICTを使った教育に必要なものは? 導入校を取材
・「教育の情報化」が抱える課題
・大阪府池田市、全小中学校に「Pepper」導入
・渋谷区、1人1台タブレット導入へ…区立の全小中学校対象
・児童が夢のロボットをプレゼン プログラミング教育で
・教材ネット配信、学校が著作権補償金支払い 文化庁方針
・品川女子学院のプログラミング教育、狙いはビジネスプランを具現化する実践力

2017年02月15日

「協力団体」追加のお知らせ

活動報告

2017年02月13日

更新情報:注目のニュース

注目のニュース

こちらよりご覧下さい。
http://ditt.jp/topics/

更新内容は、下記の通りです。

・デジタル教科書推進のQ&A
・~現場の先生に知って欲しい~ 御厩課長が語る「総務省がICT教育に熱心な理由」
・官民でプログラミング教育の普及へ「未来の学びコンソーシアム」
・デジタルえほんアワードに「デジタル教材賞」など新設
・文科省、次期教育振興基本計画策定に向け基本方針を公表
・「全国ICT教育首長サミット」の開催について
・高校のアクティブラーニング型授業、9割以上で実施…前回調査の2倍超

申込を締め切りました!「DiTT法人化記念シンポジウム」のご案内

シンポジウム
重要なお知らせ


DiTTは設立7年を経て、社団法人化することとなりました。
 ◯「デジタル教科書教材協議会DiTTは、パワーアップすることにしました。」
http://agora-web.jp/archives/2022694.html

これまでDiTTは政府、自治体、現場等と連携しつつ、成果を上げてきました。
そしてこのたび、デジタル教科書の制度化や電波利用料の利用、プログラミング 教育の必修化など、これまで提言してきた施策が実現する運びとなってきました。
 ◯「デジタル教科書教材協議会DiTTの成果」
http://agora-web.jp/archives/2022707.html

新しい課題に挑戦していきます。「クラウド、ソーシャルメディア、ビッグデー タ」の教育利用を進めること。さらには「IoT、AI、ロボティクス」の利用と いった、次なる教育ビジョンを構築することを目指します。

関係者の皆さまにお集まりいただき、ラウンドテーブル形式で、今後の展望や期待などディスカッションする予定です。

皆さまのご参加お待ちしております。



■日時:2017年2月14日(火)  13:30〜15:00
■場所:赤坂シュビア
東京都港区赤坂2-14-5 Daiwa赤坂ビル1F
http://www.subir.co.jp/access

■登壇予定  *五十音順・敬称略

石坂芳実   ICT CONNECT 21 事務局
石沢朋    株式会社ジャストシステム GSM事業部 商品企画部長
石橋通宏   民進党参議院議員
井上智治   一般社団法人新経済連盟幹事
上原哲郎   株式会社AZホールディングス 代表取締役社長
上松恵理子  武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部准教授
梅嶋真樹   日本論理コミュニケーション技術振興センター創設者
梅本宏彦   BIC株式会社 代表取締役社長
加藤理啓   ソフトバンク株式会社 教育事業推進室 室長 兼
       Classi株式会社 代表取締役副社長
國領二郎   慶應義塾大学常任理事
小林圭一郎  株式会社ベネッセコーポレーション コンプライアンス本部著作権担当部長
小宮山宏   株式会社三菱総合研究所理事長 東京大学第28代総長
小宮山利恵子 リクルート次世代教育研究院 院長
島田英昭   日本デジタル教科書学会副会長、信州大学学術研究院教育学系准教授
盛山正仁   法務副大臣・自民党衆議院議員
山田肇    東洋大学経済学部教授
龍治玲奈   日本マイクロソフト株式会社 政策渉外法務本部渉外・社会貢献課長
中村伊知哉  DiTT専務理事、慶應義塾大学メディアデザイン研究科教授
石戸奈々子  DiTT事務局長、NPO法人CANVAS理事長


■参加費:無料

■参加申込について

定員に達しましたので、参加申し込みを締め切らせて頂きます。
たくさんのお申し込みを頂きありがとうございました!

ページトップへ戻る

COPYRIGHT 2011. Digital Textbook and Teaching all rights reserved.