お知らせDiTTの新会員情報や新しい先導先生、注目のニュースなどをご紹介します。

2011年04月25日

DiTTビジョンと第一次提言書発表のお知らせ

重要なお知らせ

デジタル教科書教材協議会
2011年4月25日

報道関係者各位

DiTTビジョンと第一次提言書 発表のお知らせ

このたびデジタル教科書教材協議会(東京都港区)は、学校教育におけるデジタル教科書教材の普及に向けた計画を示す「DiTTビジョン」とデジタル教科書の普及促進に関する提言を「第一次提言書」としてとりまとめました。「DiTTビジョン」は2015年までに日本の全ての小中学生にデジタル教科書・教材を配布し、2020年度までにデジタル教科書を用いた21世紀にふさわしい学校教育の実現を目指すための活動指針となっております。

DiTTビジョンのダウンロード先:
http://ditt.jp/office/DITTVISION.pdf

DiTT第一次提言書(改訂版)のダウンロード先:
http://ditt.jp/office/ditt_teigen_1kai.pdf



■DiTTビジョンの概要は以下のとおりです。

・新たな学力に対応出来ていない日本

・これからの子どもたちに求められる能力

① 主体性 ② 創造力 ③ 問題解決力 ④コミュニケーション力

デジタル教育を通じて上記の力を育む事例

デジタル教育が資する3つのメリット

「創造」「共有」「効率」とは

・これからのあるべき学びの環境

デジタル化3つの目標と達成年度前倒し

・2015年に向けたDiTTロードマップ

・DiTT政策提言2011

・DiTTが目指す201X年の姿


■DiTT第一次提言書の概要は以下のとおりです。

・第一章−現代に求められている人材像と教育

・第二章−2015年のあるべき教育の姿

・第三章−機能仕様と課題

・第四章−制度と課題

・第五章−国内・諸外国の状況

・第六章−政策提言


■デジタル教科書教材協議会(略称:DiTT)とは

全ての小中学生が小中学生デジタル教科書教材を持つという環境を実現するため、2010年7月に設立。教科書会社はじめ、出版社、放送局、ゲーム会社、端末メーカー、広告会社、シンクタンクなど130社(2011年4月時点)の団体が参加。総務省や文科省などの官庁、学校現場、教育学を専門とする有識者らと連携し活動を展開中。

会長:小宮山 宏 株式会社三菱総合研究所理事長 元東京大学総長
事務局長:中村 伊知哉 慶應義塾大学メディアデザイン研究科教授

公式サイト:http://ditt.jp

■お問い合わせ先

DiTT事務局(一般社団法人融合研究所内)

〒107-0052 東京都港区赤坂3-13-3みすじ313ビル3F

担当:高木

TEL:03-5114-6722  FAX:03-5114-6723

Email:ditt@ditt.jp

※ご取材の際には、事前に上記までご一報くださいますようお願い申し上げます。

只今サイトにアクセスが大変集中しており、一部のページに不具合が生じております。

繋がりにくい場合は再度時間を置いてお試しください。

お手数をおかけしますが、何卒ご了承ください。



お知らせの一覧へ戻る

サイト内検索
カテゴリー
過去アーカイブ

ページトップへ戻る

COPYRIGHT 2011. Digital Textbook and Teaching all rights reserved.