▲

指導先生 学校の授業にてICTを活用し、21世紀型スキルを育むような 先駆的授業をされている先生方の事例をご紹介します。

だいすき!むかしばなし

都道府県 愛知県
学校名 豊橋市立牛川小学校
先生氏名 鈴木康弘
教科 国語
学年 小学1年

活用したICT技術

パソコン 、 タブレットPC 、 音響機器/映像機器

授業活動の概要

【単元名】 だいすき!むかしばなし

【授業者】 山本亜希子教諭

【対象学年】小学1年

【ICT使用場面】
本学級は,読書を好む児童が多い。学習が進むにつれ,長い文章を読むことにも慣れ,図書室の本をすすんで読んでいる。特に,昔話では,聞き慣れない言葉や独特な語り口調に興味をもって聞いている様子が見られる。
本単元では,昔話のお気に入りの場面をどうやって表現するのかを考えさせ,こだわりをもたせることで自信をもって発表する力を高めていきたい。
本時は,お気に入りの昔話の好きなところや内容を自分なりの方法で紹介する。紹介する際,ICT機器を活用することで場面の内容を理解しやすくする。友達の発表を聞いて,自分のお気に入りのお話と同じところや違うところを見つけて意見を言い合い,交流を図る。そして,友達が紹介した本に興味をもつことで読書意欲を高めていきたい。

期待できる効果/ICT活用のねらい

【単元の目標】

・昔話の読み聞かせを聞いたり,好きな昔話の本を選んで読んだりして,楽しんで読書しようとしている
(関心・意欲・態度)
・昔話を楽しむために,読みたいものを選んで自分で読んだり,おもしろさを発表し合ったりすることができる。
(読むこと)
・昔話や神話・伝承などの本や文章の読み聞かせを聞いたり,発表し合ったりしている。
(言語についての知識・理解・技能)

その他の関連情報

先導先生の一覧へ戻る

ページトップへ戻る

COPYRIGHT 2011. Digital Textbook and Teaching all rights reserved.