▲

アクションプラン

2010年12月10日、学校教育におけるデジタル教科書教材の普及に向けた計画として「DiTTアクションプラン」をとりまとめました。
「2020年度までにデジタル教科書を普及達成とする政府目標」に対し、昨今の海外、特にアジア諸国における急速な取り組みと、日本の低迷する国際競争力などの状況を鑑みた社会的要請を受けて、それを5年前倒しにした「2015年度までの普及」を民間による目標と定めています。

2015年度までの3つの目標

どこに住んでいても世界中の知識に触れる機会、 創造力、表現力、コミュニケーション力を育む最高の環境、 友人、先生、家庭とつながる手段を早急に整備する。

デジタル教育を通じて目指す将来の国家目標

デジタル教科書・教材の普及・利用を通じ、創造力、コミュニケーション力、学力の各指標で世界一位を目指す。

デジタル教科書教材が対象とする市場規模は約4兆円

DiTTアクションプランと工程表

  • ・2010年度内に第一次、2011年度に第二次標準ガイドラインを策定する
  • ・2010年度内に「DiTTビジョン」を策定する
  • ・2011年度から新しいデジタル教材、アプリケーション、学習環境を開発する
  • ・2011年度から国と連携して学校や課外WSでの実証実験を行う
  • ・これらを踏まえ、制度、予算、標準ガイドラインなどの政策への反映を図る

DiTTアクションプランの資料はこちら

http://www.slideshare.net/dittjapan/ditt-actionplan-6088968

関連情報

デジタル教科書の普及促進に関するその他の提言はこちら

ページトップへ戻る

COPYRIGHT 2011. Digital Textbook and Teaching all rights reserved.