▲

指導先生 学校の授業にてICTを活用し、21世紀型スキルを育むような 先駆的授業をされている先生方の事例をご紹介します。

繫ぐ・・・③ミニ ICT 講座

都道府県 大分県
学校名 大分市立大在中学校
先生氏名 望月陽一郎
教科 その他
学年 中学校 、 職員

活用したICT技術

パソコン 、 タブレットPC 、 電子黒板 、 タブレットPC用アプリ

授業活動の概要

新しく導入された学習者用タブレット(指導者用を含めて学校に10 台の導入)を使
った活用を進める中で、先生方の中には、「関心はあっても時間がなかなかとれない」
という人が多いという実態を踏まえ、繫ぐ(つなぐ)②・・・先生方への「iPad 通
信」の取り組みの延長として夏季休業中に、ミニICT 講座を実施しました。
・内容・・・iPad の活用、Excel の活用、情報モラル、電子黒板など
・全12 回、1回30 分程度
・連続した内容ではなく、1回完結 どの回でも参加可能

期待できる効果/ICT活用のねらい

・時間がとりにくい実態を踏まえた、「ミニICT 講座→ICT 活用」という流れができ
ます。
・関心を持っている先生が、夏季休業中のミニ ICT 講座をきっかけに、2学期以降
の取り組みに繋げてもらうことができる。

評価/振り返り

・毎回内容が完結していること、30 分程度なら参加しやすいので、平均5〜6 名の
参加がありました。
・先生方がどんなことに関心を持っているかわかり、それをもとに2学期の取り組
みを進めていくことができそうです。

その他の関連情報

・関心が高い内容は、iPad の活用・Excel の活用・情報モラルなど
・関心があまり高くない内容は、電子黒板の活用
・・・理由としては、電子黒板が学校に1台しかなく、階段や校舎間を移動・設
置してまで授業で活用することが難しい。授業用パソコンの数が少ない。
デジタル教材を作成する時間がない。などが考えられます。

PDFの資料を見る

先導先生の一覧へ戻る

ページトップへ戻る

COPYRIGHT 2011. Digital Textbook and Teaching all rights reserved.