▲

指導先生 学校の授業にてICTを活用し、21世紀型スキルを育むような 先駆的授業をされている先生方の事例をご紹介します。

ワイヤレスペンタブレットと dbookpro

都道府県 鹿児島県
学校名 霧島市立国分北小学校
先生氏名 益永秀一
教科 算数/数学
学年 小学5年

活用したICT技術

タブレットPC

授業活動の概要

5年      小数のわり算(6月)

目標(整数)÷(小数)の意味を理解し,立式する。

2Lで390円のジュースと1.6Lで320円のジュースのどちらを買うのが得か考える。


教科書の問題場面

うまく考えられない児童のためにdookproで加工し,同じ値段にする。

「どちらも同じ値段だったらどちらを買うのが得?」dookproで加工し,同じ量にする。「どちらも同じ量だったらどちらを買うのが得?」

期待できる効果/ICT活用のねらい

値段を同じにしたり,量を同じにすることを画像で見せることによって,問題場面を具体的にとらえることができ,何が問題で比べられないかを考えることができるようにした。

評価/振り返り

値段も量も違うと簡単に比べられないことに気付き,単位量(1L)当たりの値段がわかればどちらが得か考えられるようになった。

その他の関連情報

先導先生の一覧へ戻る

ページトップへ戻る

COPYRIGHT 2011. Digital Textbook and Teaching all rights reserved.