▲

指導先生 学校の授業にてICTを活用し、21世紀型スキルを育むような 先駆的授業をされている先生方の事例をご紹介します。

見る⑫・・・理科室のプラネタリウム化(その2)

都道府県 大分県
学校名 大分市立野津原中学校
先生氏名 望月陽一郎
教科 理科
学年 中学1年 、 中学2年 、 中学3年 、 中学校

活用したICT技術

タブレットPC 、 プロジェクター 、 大型ディスプレイ 、 タブレットPC用アプリ 、 その他

授業活動の概要

○天球の見え方(太陽・月・星の動き)を、アプリで提示することで、教科書の
 説明(部分的な図)を補完した。

・使用機器・・・iPad、大型テレビ

・使用アプリ・・・星座表

期待できる効果/ICT活用のねらい

・教科書では、天球の部分的な図しか載っていないため、それを空全体の動き
 としてイメージしにくい。そのため、「全球の動き」を見せるアプリを使い、
 「一部分」を説明することによってイメージしやすくした。
・星座の由来なども説明することで、宇宙について興味関心を持つ子どもが増
 えた。

評価/振り返り

・天球全体の動きを見ることができ、理解しやすく興味がわいた。
・星座の間を太陽が動いていくように見えることがよくわかった。

などの感想がありました。

その他の関連情報

先導先生の一覧へ戻る

ページトップへ戻る

COPYRIGHT 2011. Digital Textbook and Teaching all rights reserved.