▲

指導先生 学校の授業にてICTを活用し、21世紀型スキルを育むような 先駆的授業をされている先生方の事例をご紹介します。

使う・・・⑤旗の下書きづくり

都道府県 大分県
学校名 大分市立大在中学校
先生氏名 望月陽一郎
教科 その他
学年 中学1年 、 中学2年 、 中学3年 、 中学校

活用したICT技術

タブレットPC 、 プロジェクター 、 タブレットPC用アプリ

授業活動の概要

○学級の旗作りなどの際、デザイン画から布地に下書きする場面にて

 ・・・デザイン画をカメラアプリで撮影。

 ・・・布地を黒板などに固定し、撮影した画像をプロジェクターで布地に直接大<きく映す。

 ・・・映っているデザインを写すようにして布地に下書きする。

・使用タブレット・・・iPad

・使用機器・・・プロジェクター

期待できる効果/ICT活用のねらい

・自由に大きさを変えて投影でき、デザインの紹介に使うこともできる。

・これまではデザイン画を横において見ながら、苦労して下書きしていたことを考えると、カメラで撮影するだけという解決の考え方を生徒に提案することができた。

評価/振り返り

・デザイン画をそのまま下書きとして写すことができてよかった。

・布地にあわせて拡大・縮小して調整することができるのでよい。 などの感想がありました。

その他の関連情報

先導先生の一覧へ戻る

ページトップへ戻る

COPYRIGHT 2011. Digital Textbook and Teaching all rights reserved.