▲

指導先生 学校の授業にてICTを活用し、21世紀型スキルを育むような 先駆的授業をされている先生方の事例をご紹介します。

繫ぐ・・・②先生方への「iPad 通信」

都道府県 大分県
学校名 大分市立大在中学校
先生氏名 望月陽一郎
教科 その他
学年 中学校 、 職員

活用したICT技術

パソコン

授業活動の概要

新しく導入された学習者用タブレット(指導者用を含めて学校に10 台の導入)を使
った活用を進める中で、分かってきたことなどを環流して広げていかなければと考
えました。
先生方の中には、「関心はあっても時間がなかなかとれない」という人が多い実態を
踏まえ、通信形式で、分かったことやその他の情報などをまとめてワンペーパーで
配布してみるところから始めました。
・使用ソフト ・・・PowerPoint。ちょうどワンペーパーのプリントを作成す
るのに便利です。(スライドで作成するとちょうど収まる)

期待できる効果/ICT活用のねらい

・時間がとりにくい実態を踏まえた、「通信→ICT 活用」という流れができます。
・関心を持っている先生が、通信をきっかけに取り組むことができる。

評価/振り返り

・先生方の目にとまりやすいよう
 ・ワンペーパーで
 ・タイトルは「授業における iPad 活用通信」
 ・定期的ではなく、行事がないときなど先生方が読みやすいタイミングで発行
 ・文字ばかりでなく写真や図を多く使う
 ・「キャッチコピー」や「キーワード」を大きく示す
 など工夫したことで、「短時間で読める」という声を多くいただきました。
・「使ってみたいのですが」という声を先生方からかけていただけるようになり、使
い方を説明してiPad を授業で活用してもらいつつあります。

その他の関連情報

・この取り組みを続けていく中で、「繫ぐ(つなぐ)③・・・ミニICT 講座」につな
がっています。

PDFの資料を見る

先導先生の一覧へ戻る

ページトップへ戻る

COPYRIGHT 2011. Digital Textbook and Teaching all rights reserved.