▲

指導先生 学校の授業にてICTを活用し、21世紀型スキルを育むような 先駆的授業をされている先生方の事例をご紹介します。

教師のスキルアップを図るICT活用研修

都道府県 鹿児島県
学校名 長島町立鷹巣小学校
先生氏名 廣原俊一
教科 その他
学年 職員

活用したICT技術

その他

授業活動の概要

<ねらい> 

 職員一人一人のICT活用能力を向上させ,より分かりやすい授業を目指した指導方法の改善に生かす。

<実施時期>

      長期休業中等を生かし,十分な時間がとれる時期(7~8月 12月)

<対象>

      在籍する教職員が対象(希望参加でなく原則として全員参加)

<参加人数>

      10名前後(学校規模による)

<使用局面>

 授業におけるICTの活用事例を研修後に,実際にICTを活用した自作教材作成体験を行う。

期待できる効果/ICT活用のねらい

・ 様々な活用事例を知ることで,自分の活用場面を具体的にイメージできる。 

・  ICTを活用した教材作成体験を行うことで,活用へのハードルを下げる。

・  教材作成の過程で,ICT活用時の良さや配慮事項等を体感する。

・ 手作り教材の長所を理解し,ICT活用や指導方法改善への意欲を高める。

評価/振り返り

<これまで実施した研修後の感想より>

・ ICT活用は難しいと思っていたが多様な使い方を知り,「自分にもできるの

ではない」か「ちょっとした場面で使ってみたい」と思うようになった。

・  教材作りを通して,自作の良さを感じた。次の授業用の教材を作ってみたい。

・ ICTの可能性を感じた。今身近にある機器をもっと積極的に活用したい。

・ 今までできないと思っていた授業でもICTを使うことで,少し実現するので

はないかと思った。もっと色々な活用例を知って勉強したい。

・ 子どもに使わせる前に,まず教師自身が挑戦することの大事さを感じた。

その他の関連情報

先導先生の一覧へ戻る

ページトップへ戻る

COPYRIGHT 2011. Digital Textbook and Teaching all rights reserved.