▲

指導先生 学校の授業にてICTを活用し、21世紀型スキルを育むような 先駆的授業をされている先生方の事例をご紹介します。

のこりは いくつでしょう

都道府県 山口県
学校名 下関市立(豊北)神田小学校
先生氏名 岩崎利充
教科 算数/数学
学年 小学1年

活用したICT技術

デジタル教材 、 パソコン 、 電子黒板

授業活動の概要

・単元名   ひき算(1)

・ねらい   数図ブロックを用いた活動を通して,求部分の場面をひき算の式にかいて

答えを求めることができる。

・実施時期  平成25年6月27日(木)

・参加人数  1年児童2名

・ICTの使用局面 

自作デジタル教科書(dbookPROで作成)でさし絵を拡大し、どんな場面かを話し合わせる

ために活用。ICT機器で完結するのではなく、児童は数図ブロックで操作し「のこりはいく

つか」を考えた。また、教師は学習内容を板書し求残場面を言葉や図、式につなげた。

期待できる効果/ICT活用のねらい

教科書のさし絵を拡大し、どんな場面かを話し合わせるために活用。同じ画面を見ながら話し合いをさせることで、具体的な場面から数図ブロックへの置き換えを容易にした。

評価/振り返り

 自作デジタル教科書のさし絵を拡大提示することによって、課題把握が容易になり、問題解決につながった。また、さし絵の場面を数図ブロックに置き換えることで、立式し答えを求めることができた。次の練習問題に取り組む意欲につながった。 さし絵が数図ブロックという具体物に変わり、ノートには○印で標記することができた。操作活動をすることにより、答えを求めることができた。

その他の関連情報

先導先生の一覧へ戻る

ページトップへ戻る

COPYRIGHT 2011. Digital Textbook and Teaching all rights reserved.