▲

協議会についてDiTTが提言するデジタル教科書教材に関して、詳しくご紹介します。アクションプランや政策提言等、DiTTが実際に行っている活動も合わせてご覧下さい。

デジタル
教科書
デジタル教科書教材協議会について

全ての小中学生がデジタル教科書を持つという環境を実現するため、私たちが呼びかけ人となって、下記のとおりコンソーシアム「デジタル教科書教材協議会」を設立し、課題整理、政策提言、ハード・ソフト開発、実証実験及び普及啓発を進めることと致しました。
政府(文部科学省、総務省等)とも連携して活動を進めて参ります。
幹事及び一般会員を募集致しますので、ぜひご参加いただきたくお願い申し上げます。

「デジタル教科書教材協議会について」ページへ

DiTT役員

デジタル教科書教材協議会の役員、理事をご紹介します。

「役員」ページへ

DiTT会員一覧

デジタル教科書教材協議会の幹事会員・一般会員をご紹介します。
幹事11社・一般67社 (2016年04月12日現在)

「会員一覧」ページへ

デジタル
教科書
デジタル教科書教材の普及推進について

長きにわたり社会、文化、経済が発展する源は「人」です。少子高齢化の進む日本は、少なくなる若年層の能力を高め、その活動領域を拡げていくことが最重要課題です。教育の水準を高め、機会を拡げるための社会投資が求められます。
決め手は教育の情報化です。世界中とつながって、文字、音声、映像、データを駆使して知識を得て、考え、創作し、表現する手段が手に入るようになりました。高度な論理力や思考力を養うだけでなく、創造力や表現力、コミュニケーション力を育むには情報技術の活用が不可欠です。

「デジタル教科書教材の普及推進について」ページへ

ページトップへ戻る

COPYRIGHT 2011. Digital Textbook and Teaching all rights reserved.