お知らせDiTTの新会員情報や新しい先導先生、注目のニュースなどをご紹介します。

2018年11月12日

12月1日開催_超教育展のお知らせ

シンポジウム
重要なお知らせ



一般社団法人超教育協会(会長:小宮山宏 http://lot.or.jp/ )
はこれまでの活動を広く一般の皆様と共有する場
として公開型ワーキンググループやセミナーを開催する
「超教育展」を開催する運びとなりました。

【概要】                                  
      
日時:2018年12月1日(土)10時~17時(予定)
場所:東京大学福武ホール 情報学環・福武ホール
   地下2階ラーニングシアター・ラーニングスタジオ
時間:プログラムによって異なる
申込:各プログラムごとにお申し込みください。(URLは下記)
参加費:無料
主催:一般社団法人超教育協会 
共催:一般社団法人デジタル教科書教材協議会 NPO法人CANVAS 

【プログラム】                               
         
<特別講演>
Khan Academy Kids創設者 Caroline Hu Flexer氏 来日特別講演会
オンライン学習プラットフォーム「カーンアカデミー」の一員であり
「Khan Academy Kids」創設者Caroline Hu Flexer氏による講演会を
開催します(15:00~15:45)
>>お申込 http://canvas.ws/workshop/19882

<先端技術の教育利用促進に関するワーキンググループ関連イベント>
■VR×教育公開型ワーキンググループ
メンバーの方々から、国内外のVRの教育導入事例やVRの教育活用方法
についてお話をいただきます(メンバー:稲見昌彦氏 東京大学先端科学
技術研究センター教授/杉山知之氏デジタルハリウッド大学 学長/
鳴海拓志氏 東京大学大学院 情報理工学系研究科 講師/南澤孝太氏
慶應大学大学院メディアデザイン研究科准教授/板宮朋基氏
学校法人電波学園 愛知工科大学 工学部 情報メディア学科 教授/
藤井直敬氏 (株)ハコスコ代表取締役 VRコンソーシアム代表/
大前広樹氏 ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社日本担当ディレクター/
石戸奈々子 超教育協会理事長)(10:00~12:00)
>>お申込 https://ssl-plus.form-mailer.jp/fms/d097f4621741


<新学習・人材育成環境設計に関する講演会・セミナー>
■東大松尾研流 AI人材育成法
講師に東京大学松尾研究室 リサーチディレクターの中山浩太郎さん
をお招きし、実践的なAI人材育成についてお話をいただきます。(13:00~15:00)
>>キャンセル待ち登録 https://ssl-plus.form-mailer.jp/fms/517d53391847

■ブロックチェーン講座・アイデアソン
ブロックチェーン×教育ワーキンググループの一環で、ブロックチェーンの
教育活用に関心のある企業・教育関係者の方々を対象にした講座を開催
します。(10:00~12:00)
>>お申込 https://ssl-plus.form-mailer.jp/fms/02b91f001829


<ICT教育の推進に関する展示>
■第6回デジタルえほんアワード
デジタルえほんアワードでは、世界23カ国から集まったデジタルえほん
322作品の中から世界一のデジタルえほんを発表します。(15:45~17:00)
>>お申込 http://urx3.nu/N3nL

■国際デジタルえほんフェア
タブレット、電子書籍リーダー、電子黒板・デジタルサイネージ、
スマートフォンなど新しい端末におけるこども向けの絵本・書籍、
その他デ ジタル表現である「デジタルえほん」を広く世界から
集め展示する世界最大級のデジタルブックフェアを開催します。
(終日/当日参加受付)


<子ども向けワークショップ>
■ロボット
コンピュータを使用しない教材としてでも、コンピュータを
使用したプログラミング教材としてでも活用が可能なライン
トレーシングロボット「Ozobot」を使い、ミッション挑戦を
通してプログラミングと英語に親しむワークショップを開催します。
>>キャンセル待ち登録 http://canvas.ws/workshop/19873

■プログラミング
DeNAが開発した言語環境「プログラミングゼミ」を使って、
プログラミングの基本的な考え方を学び、アプリの基本的な
使い方やパズル、キャラクターの取り込み方を学びます。
>>お申込 http://canvas.ws/workshop/19918

■サイエンス
「uHandyスマホ顕微鏡」を使って、肉眼で見えないミクロの
世界を冒険します。自分のスマホ・タブレットを実験室に変え、
物を拡大して観察することだけではなく、簡単な化学実験も
直接見ることができます。
>>お申込 http://canvas.ws/workshop/19989




お知らせの一覧へ戻る

ページトップへ戻る

COPYRIGHT 2011. Digital Textbook and Teaching all rights reserved.