▲

メディア掲載一覧デジタル教科書教材協議会が下記メディアに取り上げられました。

2016年01月19日

DiTTがgaccoでアイデアソン・・・未来の学びを考える大人・子ども募集

リセマム
デジタル教科書教材協議会(DiTT)は2月13日、オンライン版のアイデアソンイベントを開催する。「2045年 未来の学びを考えるアイデアソン」の関連イベント。オンラインシステムを利用し、家庭のパソコンから多数の一般参加者が未来の学びについて議論する。

2016年01月05日

スマート教育の実現に向けて

教育家庭新聞
日本は国内総生産(GDP)に占める公的教育支出が経済協力開発機構(OECD)加盟国で最も下位です。教育の情報化においても諸外国に遅れを取っています。

2015年12月08日

DiTT/2045年の学びを考えるアイデアソン、1月と2月に開催

ICT教育ニュース
デジタル教科書教材協議会(DiTT)は、未来の学びを考えるイベント「2045年未来の教室を考えるアイデアソン」を、参加対象を分けて東京・赤坂のドコモ・イノベーションビレッジで開催する。子どもの部は2016年1月31日、大人の部は2月7日。参加費は無料。

2015年12月03日

DiTT/デジタル教科書ノ課題「著作権問題」で議論

ICT教育ニュース
デジタル教科書教材協議会(DiTT)は1日、シンポジウム「デジタル教科書の位置づけはどうなる?~著作権について」を東京・千代田区の紀尾井フォーラムで開催した。 シンポジウムでは、ベネッセコーポレーション コンプライアンス部 小林圭一郎著作権担当部長、柏市立柏第二小学校 佐和伸明教頭、光村図書出版 馬場泰郎取締役、ユアサハラ法律特許事務所 山田卓弁護士が参加し、DiTTの中村伊知哉専務理事、石戸奈々子事務局長とともにパネルディスカッションを行った。

2015年11月12日

DiTT/デジタル教科書シンポ  導入の課題は「検定」

ICT教育ニュース
デジタル教科書教材協議会(DiTT)は9日、シンポジウム「デジタル教科書の位置づけはどうなる?~文科省検討会議について」を東京・千代田区の紀代井フォーラムで開催した。デジタル教科書導入に関する「今後の検討の視点」をテーマとする今回のシンポジウムには、文部科学省 「『デジタル教科書』の位置づけに関する検討会議」の座長を務める東北大学院 情報科学研究科 堀田龍也教授と、同じく検討会議委員であるベネッセ教育所 新井健一理事長が参加。DiTTの中村伊知哉専務理事、片岡靖参与、石戸奈々子事務局長とともに公開討論を行った。
 

ページトップへ戻る

COPYRIGHT 2011. Digital Textbook and Teaching all rights reserved.