▲

先導自治体教育現場でICT化を推進している自治体のご紹介をご紹介します。

「やるKey」などクラウド型算数ドリル教材を導入

都道府県 東京都福生市
2014年度より「小4ビハインド」防止のため、3年生の段階で学習内容を確実に習得させるべく、「やるKey」などクラウド型算数ドリル教材を導入して従業に活用。児童の学習状況や理解度を可視化することにより、個別指導の時間も増え、特に成績下位層の子供に顕著な学力向上効果が見られた。これら実証結果を受け、同市では2017年度より市内小3全員を対象にクラウド型算数ドリル搭載のiPadを無償提供し、すべての子供が「小4ビハインド」に陥らないよう、対策を徹底する。

先導自治体の一覧へ戻る

ページトップへ戻る

COPYRIGHT 2011. Digital Textbook and Teaching all rights reserved.